初心者がYoutubeを伸ばすためのテクニックとは?

Youtubeを伸ばすテクニック知りたいですよね。

私も様々な、動画クリエーターさんの動画をみたり、Youtube Officialのクリエーターガイドで勉強しました。

まだ、私のYoutubeは継続して改善中ですが、これからはじめよう!という方に少しでも役に立てばと思い、エッセンスをまとめてみましたので参考にしてみてください。

Youtubeを伸ばすためのテクニックとは?

下のテクニックを実施すれば、伸びる可能性が高いですが、本質の理解が大切です。Youtubeを伸ばす本質とは何かを理解することは大切。

 

1.視聴者の問題解決をする動画作成(暇を解決、難しいことを簡単解説、忙しい人の疑似体験)

➡台本作成は伝わりやすい点と、表現の改善ができるためおすすめ。

 

2.露出方法を考える(アクセルを多くあつめる)

➡よい作品、おもしろい作品で伸びるは違う×、ではなくて、質のいい動画と伸ばす動画を作る。

→関連動画(トレンドニュース解説、有名人にのっかる※関連枠をねらう)、SNSで露出(Twitterのフォロワーをのばす、ジャンルによってはTiktokやインスタ)、Youtube検索(タイトルにキーワードなど)で露出、Youtube広告(あんまコスパよくない)。

 

3.無駄を徹底排除する※すぐに本題に入るなどの無駄を除く。Youtubeの台本を作成する。ただ、見ていて、脳が疲れるので、たまに多少のムラはあってよい。

4.不快にならない映像(音が小さい、音が割れる、画面がくらくなりやすい(日中撮影でもOK))

5.有名人をまねしない

基本的に、問題解決、視聴者のニーズをみたす動画を出す。90%はコンテンツがきになるから、登録しているので、残り10%が配信者のファンと考えるべき。有名人をマネする場合、学ぶべきポイントは何か、バズるネタは何かといった観点であればどんどんまねするとよしです。

価値が伝わるサムネ

最重要なのが、価値が伝わるサムネです。

視聴者が動画をみるきっかけがサムネのためです。

視聴者はサムネ→タイトル→導入の順番でみます。最初にめにつく、ところから力をいれます。

では、どのようなサムネが価値が伝わるいいサムネなのでしょうか。

  • 価値が伝わる:Youtubeを伸ばすテクニックをまとめる
  • 視聴者がきになること:Youtubeを伸ばしたい
  • 文字が読みやすい:フォントサイズを大きく

 

サムネの作り方はどのように学ぶ?については、ヒカキン、はじめ社長、ヒカルなどトップYoutuberをマネすることです。

 

分かりやすいタイトル

次に目にするのが、タイトルです。

サムネを見ただけではわからない詳細を、タイトルで補うことで訴求することでよりいいコミュニケーションにつながります。

 

アメリカのPew research center

・スライムチャレンジ

・24時間チャレンジ

など、流行にならって動画を作成すると伸びやすいことがわかっています。

url:https://www.pewresearch.org/

ジャンルによって異なるが、流行をおうことでタイトルをつけるのは効果的でしょう。

 

複数カテゴリーでテスト

Youtube始めたら、ほぼ失敗する。

いさわ
いさわ
動画を5時間かけて作成して、再生数20回…

こんなのが続くと、「やっぱりきついなぁ…、萎えるな…」となりますよね。

 

マインド、当たり前のように失敗するマインドをもって、開き直って、挑戦する。

複数カテゴリーでテストすることで試行錯誤をする。

 

複数のカテゴリーで発信をして反応を調査する(Try&エラー)。

実験マインドをもって、「このケースは失敗」じゃあ次といくことが萎え防止です。

 

有名人の関連枠を狙う

有名人の関連枠をねらう。

たとえば、ホリエモンの手取り14万円の動画にかぶせる。→手取り14万円から抜け出す方法。

コバンザメ戦法、有名人の波の余波をすいとっていきていくことで伸ばしていくが、のっかる際に少しひねることがベターです。

ジャンルをもと有名人のバスにのって、専門領域のバスに乗っかる。

アクセス解析を見る

 

  • 初動からの伸び

➡Youtuberの仕事は、Youtubeのアルゴリズムにうまくのっかること。

Youtubeが評価される動画をつくる。長めのセミナー動画をつくるのが、ビジネス系、教育系はよいとされる。

初動の伸びで、アルゴリズムによって拡散されやすい。

自分の初動の動画伸び率、最初の1時間、2時間、3時間の伸び率を分析する。どういう動画がのびるのかをみる。

 

  • チャンネル登録率

動画単位でチャンネル登録者をみる。どの動画でチャンネル登録者への導線になっているのかを分析する。

チャンネル動画がのびる動画は、セミナー動画はチャンネル登録されやすい8:2で(長編動画が伸びやすい)。

チャンネル登録が伸びやすい動画をどんどん作る。

 

  • 視聴者維持率

最後までみてくれているのか、40%を基準(目安)にする。収益なども変わってくるため、自分のチャンネルをもとに分析する。

 

コメントの回答動画を作る

コメント欄はニーズの塊だから、コメントから動画のねた探しをすることも有益。

 

ただ、コメントをすべて鵜吞みにするのはNG。

コアファン(全体の5%)は、情報ではなく、配信者自身になっている可能性があるので、本来のニーズではないかもしれないため。

登録していない人を多くするためには、視聴者層のニーズを見極めることが大切(95%はコアファンではない)。

 

公開時間をテストする

稿時間と初動が肝心。Youtubeの7PMが、動画公開時間としてベスト。

初動がいいと、Youtubeのアルゴリズムに気に入れらるため、拡散され伸びやすい。

 

自分のジャンルではどこに波がおこなるのかを分析して、初動がいい時間帯を見極める。

だれも公開していないときは、投稿しても効果が薄い。

再生リスト整理と誘導

 

視聴者に何回もどうがをみてもらう試作は大切。

ジャンルごとに動画リストをつくっておく。

カテゴリ整理して、有益な情報にたどり着きやすいようにしておくと、継続した再生がきたいできる。

 

無駄に長い動画はNG

無駄に10分をこえた動画にしたいというクリエーター側の意図があるが、

あまりいい施策ではない。

 

視聴者のことを無視した施策は、全体的にあまり効果がうすい可能性がある。

中身が濃い動画であればよいが、無駄に長い動画はNG.

ながい動画出れば、目次をいれることがおすすめ。

タグの入力もしっかり

 

上位プレイヤーのタグのいれかたをマネすることで多少は効果あるのでやっておく。

Social Bladeというツールは、タグを見ることができるのでおすすめです。

 

上記のテクニック内容は、下記のマナブさんの情報をもとにまとめております。非常に有益な情報が得らるので、見ておくのは必須ですね。

Youtubeで伸びているクリエーターの10箇条とは

Youtubeのクリエーターアカデミーでもみれる、人気クリエーターの動画がなぜのびるのかについて、エッセンスをまとめてみました。

共有がしやすいコンテンツ発信

友達にもみせたいような動画がバズるため、どのような要素(笑いなのか、感動なのか、驚きなのか、啓蒙したいのか)が視聴者にささるのかを、狙うことはクリエーターには必須です。

視聴者との対話が肝

独りよがりな動画はやっぱり失敗するので、

見ている人との対話が必要です。伸びている動画のほとんどは、視聴者と友達感覚で対話をしています。

いい意味でも、悪い意味でもこの対話が非常にブランディング強化や登録者増加に効果を発揮します。

双方向に関係性を構築する

視聴者との対話とにていますが、要は、視聴者からクリエーターにむけてもメッセージがとどくことは、双方向の関係構築にきよします。

例えば、人気クリエーターもやっていることですが、質問箱をよういしてそれにこたえるかたちはおなじみですよね。

ある程度視聴者が増えてきたタイミングで、それをおこなうことでよりコミュニティの強化ができます。

 

一貫性は大切

一貫性はコンテンツのみでなく、例えば「毎土曜日のディナー」とか、「土日のルーティンとか」特定の日を決めることや、

最初のあいさつやエンディングのあいさつを統一するといったことも含まれます。

 

ターゲットを定める

どんな視聴者か、おなじような情熱をもった人をあつめることが大切です。

例えば、キャバクラに興味がない友達に、「あそこのキャバクラはおすすめ」と熱弁しても、興味を示してくれません。

共通の話題、興味をもっている視聴者層をねらうことが大切です。

 

継続性

一つのコンテンツでどれくらいの動画がつくれるか、事前に考えておくべきです。

かのヒカキンさんも、毎日投稿がのびるこつともいっておりましたが、

毎日投稿できるトピックがやはりいいのは言うまでもありません。

なにかアイディアがあっても、そのアイディアで動画何本とれると自問してもいいかもしれませんね。

 

発見容易性

視聴者が自分の動画をすぐに見つけられるようにすることは非常に大切です。

具体的にいえば、おすすめ動画で表示される、関連動画に表示されるように工夫します。

例えば、流行にそった動画を作成するや、普遍のテーマ(バレンタインデー、エイプリルフールなど)で動画を作ると継続的な動画視聴が望めます。

 

動画へのアクセス性

たくさんの動画をアップしていれば、どの動画をみていいのかわからなくなります。

とくにストーリ性のあるものの場合は、どの動画を最後にみたのかわすれてしまいますよね。

そうならないように、動画の再生リストや、これまでのあらすじをまとめて動画を作成するなどの工夫は大切です。

 

コラボ動画

人気Youtuberは、よく視聴者がかぶった、または取り入れたい視聴者をもつクリエーターとコラボ動画は作成していますが、

コラボ自体は互いにベネフィットが大きいので活用すべきです。

視聴者層が社長者数をもとに、効果的なコラボがお互いにきもちがいい効果が得られます。

 

インスピレーション

コンテンツや動画にどれくらいの情熱をもって取り組んでいけるのかが、伸びるかどうかのわかれめです。

情熱は視聴者にもつうじることからも、やっぱり自分がすきなことにフォーカスするのがべすとですね。

 

まとめ

以上、まとめてみましたが、上記のようなテクニックをもとに毎日の動画作成に応用していけば伸びそうです。

いさわ
いさわ
本業もあるなかで、毎日投稿はさすがに大変ですが、がんばっていきましょう!

ここまで読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です