8年間の英語学習で気付いた頭が良くなる英語勉強方法とは?

ずっと学歴コンプレックスがあって、どうしたら、頭をよくできるのかを考えていませんか?

実は、英語学習で頭脳は強化できます。

実際に私は、偏差値32から英語を学習し、外資系コンサルの面接通過や大手企業からの内定をいただきました。

今回は、英語学習と脳トレに着目して、勉強方法に関してまとめてみました。

英語学習で頭が良くなるのか?

英語学習で頭はよくなります。

どうしてなのか、単に脳の情報処理が増えるためです。

もともとなんの意味を認識していなかった、アルファベットの羅列に過ぎなかった記号から、構造を理解し、法則をあてはめ、文脈をくみ取りながら意味を認識していくという作業が脳トレになっていたのです。

いさわ
いさわ
数独などの脳トレよりも、外国語学習は頭を鍛えるとされていいます。もうこれはやるしかないですね。

頭がよくなることは、情報処理能力がふえるとしたとき、カギとなるのがワーキングメモリです。

 

トレー氏・アロウェイとロス・アロウェイの「脳のワーキングメモリを鍛える」によると、

ワーキングメモリとiQとの相関関係はあるとし、ワーキングメモリを鍛えるのに外国語学習は有効と記しています。

 

ワーキングメモリとは、情報を処理する能力のことで、テキパキ情報を短時間で処理する能力とイメージしやすいです。一般的に、マルチタスクがとくいな人はワーキングメモリが強いとされています。

また、文字を読んだり、聞いたりした文章を理解する際に、ワーキングメモリがカギとなります。母語の読解力もワーキングメモリによって鍛えることができるのです。

いさわ
いさわ
マルチタスクが得意で、難解な文字を読んだり、聞いて理解できる人は頭いいですよね…

8年間の英語学習で気付いた頭が良くなる英語勉強方法とは?

では、どのようなことを意識して、英語を勉強すれば頭がよくなるのでしょうか。

8年間の英語学習経験と著者:トレー氏・アロウェイとロス・アロウェイの「脳のワーキングメモリを鍛える」をもとに、頭をよくする英語学習方法のコツは下記です。

  • 文法を計算式のような感覚で頭の中で意識的に解いていく
  • 英語のリズムを意識して音読する
  • 道順を覚えるようなプロセスで言葉の意味と視覚情報を順序だてる
  • それぞれの単語の関係性に注目する(細部ではなく、チャンクごとに全体図を頭に描く)
  • 裸足で芝生をジョギングしながら英短文をシャドウイングする
  • 感情と英語表現を結びつけるためにボディーランゲージを活用する
  • 英語でいたずら書きをしてみる(集中力アップ)
  • エモい音楽で感情をあげて勉強する

 

上記の方法で、英語初心者時代によく計算式をとくかのようにALL in oneを読み込んでいました。

その方法がもっとも英語能力と能力をあげたと実感しています。

 

あとは、どうしても覚えられない英検一級の英単語は、芝生のうえを裸足でジョギングしながら覚えたり、していました(笑)。

なおかつ、ボディーランゲージをつかって、体と感情で覚えてもいましたね。

 

頭を良くしたい場合は、やっぱり読書がいいんですが、英語読解の場合は、簡単すぎても、難しすぎてもいけません。

すこし難しいなと感じる文章に取り組んで、「お、自分でもいけるかも!」とドーパミンをだしながらであれば、モチベーションを高く保てます。

 

そうした、努力はいまとなってはかなり有効だとおもいます。受験生なんかは、ぜひマネしてください。

へたな脳トレゲームよりも英語学習のほうが、ワンチャン頭をよくして、なおかつ収入アップにもつながるので、

英語はほんとにコスパがいい勉強だと思います。

 

ちなみに、今回参考にした「脳のワーキングメモリを鍛える! 情報を選ぶ・つなぐ・活用する/著者:トレーシー・アロウェイ , ロス・アロウェイ 」の書籍を読みたい方は下記からぜひ!

 

まとめ

いままで、たくさん頭がいい人をみてきました。

みなさん、やっぱり勉強熱心ですが、もう一つ共通しているのは「楽しさ」を重視する点です。

英語が楽しすぎて、勉強している状態が最強です。頭をよくしながら、圧倒的なスピードで学習効率が高まります。

できるかぎり、すきを英語ですると効果は高いので、好きな洋楽をみつけてみるとか、好きな海外ドラマをみるとか、好きなゲームの言語を英語にしてみるとか工夫次第でいくらでも効率は高められますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です