初心者が英語を早く話せる魔法の教材はあるのか?【実体験】

聞いているだけで、英語はが話せるようになるとか。

魔法の英語学習とか、

特別な手法を使った英語学習方法とか、

短期間で結果がだしたい英語初心者のかたには魅力的に映るものです。

ぶちゃいうと、そんなもんはない!

今回は、やめといた方がいい魔法の英語教材をまとめてみました。高額な教材を買う前にぜひ一度参考にしてみてください!

英語を早く話せる魔法の教材はあるのか?【実体験】

英語初心者が、毎日5分英語聞くだけで3カ月後、英語ペラペラになる教材なんてものはありません。

毎日5分は100%不可能と断言できます。

英語初心者を(英検3級以下とすると)IQ130とか、頭がいい人が1日8時間とか本気で勉強して3カ月でTOEIC800いくかいかないかくらいのレベルです。

TOEIC250点、絶望的なひくい英語力から英検1級、TOEIC900以上取得するまでの2年間。何度も魔法の英語勉強方法、聞くだけで英語ができるようになる方法を調べていました。

これまでの英語勉強経験から、すぐに英語ができるようになる魔法の方法はなく。

結論、コツコツ、間違っていない勉強方法で継続するしかないです。

今後高額な英語教材にだまされないために、以下、気を付けたほうがいいものをまとめました。
ただ、「私自身はいらない」と思っているだけで、必要と感じる人は購入するもの自由です。

  • 1日30分で英語が話せるようになる英語学習系

理由:1日30分で英語がはなせるって、誰にいってるの?TOEIC800点のひとなら全然いけるけど、俺みたいにTOEIC250の人に効果があるようには聞こえません。かならず、「基底能力」、基礎力は必要です。

  • 聞くだけで英語ができるシリーズ系

理由:聞くだけで英語はできない。実際に独学で苦労してきた経験があるので、断言できる。

  • フレーズで英会話を覚える系

理由:シンプルにいらない。市販で十分質がいいものはあるし、そもそも自分でできる。

2万円なんてバカ高い。かう必要はない。2万円あれば、ほぼ良質な教材が手に入る。それをやりきれば力になる。

  • 1日5分系の映画勉強方法系

自分でできるし、教材をつくってくれる手間意外にどこに価値があるのか不明。

2000円くらいなら買ってもいい。数万円は論外。

まぁ、本気で英語を勉強して上達した人はこうした教材はまずかわないです。

市販で十分に良質な教材はあります。

英語勉強法の情報商材はマジでいらないです。気をつけてください。

あと、TOEIC勉強方法とか英語の上達の方法とかバカ高い教材とか情報商材はかわないほうはいいですよ。

英語の勉強方法なんて、ぶっちゃけそんなに変わらないですし。効率にも語学勉強には限界があります。

自分の勉強方法とかを販売価格している商材

本当に価値あるかまじで疑問。

ネットで転がってる情報のよせあつめ。としか言えないです。

ググればたいていのことはでてきますし。

当ブログで英語勉強のすべてを解説しています。

正直、英語勉強に限って言えば、勉強方法をいくら論理的に詰めても、絶対的な勉強量は必要です。

量やればいいというものでもないですが、効果的な勉強方法はすでに確立されて本もいくつか出ています。

例えば、第二言語取得論の以下、本2冊はおすすめ。

英語学習論、TOEIC満点、英検1級、トーフル満点の筆者が理論的に英語習得論を説明している本です。この本に書かれていることをそのまま行うことで基本OKです。

正直、こちらの本の方が客観的です。理論的に説明してもらわないとなっとくしない方にはおすすめです。

 

英語教師のための第二言語習得論です。

こちらは、名前のとおり英語教師が心得ていないといけない、言語学的なそくめんから、学習効率をたかめる方法を説明している本です。

教える側からみると、英語の本質がみえてきて、学習方法にも無駄がなくなりますので、おすすめです。

最後に英語上達マップです。

これは、筆者の森沢洋介さんの経験や、英語講師経験などからベストな英語勉強方法を体系的にまとめている本です。

英語初心者はいちどよんでみると、「何を」「どれくらい」やればいいのか具体的に書いてあります。

私自身も英検1級とTOEIC900点をこえてきたときに出会ったのですが、ほとんど同じ勉強方法を実施していたので、驚きました。

英語が上達する人は必ず、この本で紹介している勉強方法をしています。

まとめ

英語勉強方法などを知りたい場合は、当ブログですべて公開しています。

私自身、第二言語習得論や英語学習論、英語上達マップ、実体験にもとづいて独自の勉強方法を編み出しました。

だけど、しょせんは勉強方法です。実際にやらなければ英語力は上がりません。

むしろ、英語を継続して勉強できるモチベーションが重要だったります。

基本的には、間違っていない勉強を継続することが英語上達への道です。正直、近道はないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です