初心者のための英会話教室の選び方【実体験】

英語を勉強して、toeic600程度にもなった!

せっかく英語勉強したから、話したい!

でも外国人の友達いないし、いきなりネイティブスピーカーと会話もきつい…。

かいって今更海外留学はいけないし高そう…。

という方は、英会話を使いますよね。

今回は、英会話を上達させる上でどのような英会話教室がいいのかをまとめてみました。あくまでも、自分だったら英会話講義をどのように活用するのかをまとめてみました。

また、英語力を効率的にあげる、英会話の使い方を紹介します!

初心者が英語を学びたいときの英会話教室の選び方【実体験】

英会話教室を短期間で活用して、成長するためには、質のいい教室を選びます。

どこを見て英会話教室を選ぶのか。ポイントは以下です。

  • 個人か少数レッスン
  • 受講時間が1時間以上受けられる
  • ネイティブスピーカーからは会話表現を学ぶ

なぜか。

大人数だと承認欲求に妨げられる

できる人ほどしゃべる。できないと聞くだけでになるからです。

実際、私もできる人がいることで、他人と比較してしまって、自分が話すと邪魔をしてしまわないかと思ってしまいます。

 

それに、

「英語がうまい人の後に話すのがおっくうだな」「恥ずかしいな」とか、おもってしまった。英会話を楽しめない。

だから、あえて個人レッスンを受けて、効率的に英会話力を上げるほうがおすすめです。グループ英会話の場合、いっておしまい。

何も成果がないまま終わってしまう可能性が高いです。

 

ネイティブスピーカからは、英会話表現方法を学びます。

英会話教室では、基礎的な文法などは、学ばず、

できる限り文法知識ではなく会話表現を学びます。

意識する情報をすくなくすると、学習効率も高くなります。

 

 

ネイティブスピーカーとの会話トピックは自分で提案する。

プロアクティブに講師と学習することで、自分自身の英語力が飛躍的にアップします。

やり方としては、事前に英語のスクリプトを読んでおく、(英字新聞のダイジェスト版や中級学習者向けの洋書の2ページなど)。

 

それをもとに、テーマを決めて、英会話をする。

How is going とか、How are you.

Where did you go the last week.とか簡単な英会話であればオンラインで十分です。

でもぶっちゃけ、その程度の英語力であれば、独学でも到達できます。

 

 

でも、込み入った話、ビジネスでも使える英語力を習得するためには、テーマに沿った英会話をする。

課題は何か。それに対する解決策はあるのか。なぜ、その解決策をとるのか。といった内容を英語で説明する能力を身に着けます。

そして、1時間、自分で提案したテーマで話します。

 

英会話の活用方法

ネイティブスピーカーによっては終始基礎的な日常会話がトピックになることあります。

ぶっちゃけ、ネイティブ英語ただひたすら聞くこと価値はなく、彼らがどのように考え、どう自分のいったことに返答するのか、コミュニケーションを学びます。

 

価格帯としては、1レッスン 40-60分で週1から2回というコースがおおい。

1回90-120分で週2回以上がベーシックです。週2回~3回であれば、半年間で結果はでます。日常会話レベル出れば、問題なく話せるレベルまでに到達できます。

コスパで見たら、スタディサプリのビジネス英語アプリがおすすめ。

 

なぜか。ビジネスシーンでの実用性を重視した、質の高いインプットとアウトプットができます。、

月2300円程度で、半年隙間時間で効率よく学習すれば、ビジネスで使える英語力の基礎は身に付きます。

 

私も外資系にいますが、特に会議やプレゼンでの英語は難易度が高いです。

正直、せっかく英語を学ぶなら、ビジネスで仕事で活用して結果を出すことにコミットしたいですよね。

そういう方には、継続できて隙間時間を有効活用できるツールとしてはかなりおすすめなので使ってみてください。

 

あとおすすめなのが、英会話講師紹介エージェントです。

おすすめ英会話講師紹介エージェント

 

英会話はネイティブスピーカと練習するところに価値があります。

料金がかかるわけですから、ネイティブの講師でるほうがベターです。

 

ぶっちゃけ日本人バイリンガルはおすすめできないですね。ネイティブ英語をきかないと、実践で聞き取れず全く話せないでしょう。

下記の英会話講師エージェントは顔出し、ネイティブスピーカが多くておすすめです。

 

 

Enjoy lesson

一時間2000円程度が相場です。

顔だしで紹介会社経由なので、安心して活用できます。

ただ、大手の英会話講師とははやりテキストや教え方の質に差はでてきますが、

そもそも英会話トレーニングするときは、ほぼ基礎的な英語はできている状態なので、教わるより【練習】という意識でのぞみましょう。

 

 

また、自分でトピックを極めたり、内容をシェアすれば、大手であっても、エージェント経由でもかわりません。

練習相手がネイティブであればOk.

おすすめなのは、アジア系のアメリカ人です。

初っ端、イギリス系のバリバリネイティブだと萎縮してしまい、話せません。

 

 

あいてが、アジア系のアメリカ人であれば見た目は同じなので、友達感覚で行けます。

わたしの友人もアメリカ留学にいき、できたアメリカ人友達はほぼアジア系。

やっぱり、目からうけとる情報は、円滑なコミュニケーションには大切です。

また、個人的な感想として、異性であればなおさらやりやすとおもます。

 

日本にきている海外の方は、日本に興味ある方がおおいです。

英会話を期に、良好な関係構築も可能です。

http://www.enjoy-lesson.com/?gclid=CjwKCAjw-vjqBRA6EiwAe8TCk1KbyfeTljXAdmsVgw0rDrlsbd4tW9XsOPOAs_aHrrhjUJIFYblUDhoCEdsQAvD_BwE

まとめ

 

脱英語中級者をして、日常会話はもちろん、英語での会議、プレゼンなど仕事で結果を出せる力をつけていく英会話活用法をまとめました。

ポイントは、3か月、6か月と期間を決めて、集中して取り組むことです。

語学学習に共通して言えることは、集中して短期間で力をつけること。

案外、コツコツして勉強するのが理にかなっていると思いがちですが、

語学こそ短期間で一気に力をのばすほうが効率的です。この機会に、英会話を短期間でさっくと身に着けて、英語上級者の仲間入りをしてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です