英検1級ライティング勉強方法《一発合格したいあなたへ》

質問者
質問者
英検一級合格のために、単語を答える問題で高得点が期待できないので、ライティングセクションである程度高得点を取っておきたい…。

という方に記事を書いております。

【どんなことがわかるのか】

  • 英検一級ライティングの対策ポイントがわかる
  • 英検一級対策のために必要なテンプレがわかる
  • すぐに使える表現がわかる
  • 実際に使ったおすすめ参考書がわかる
【この記事の信頼性】
  • 留学に行かず、TOEIC255から1年で英検1級に一発合格
  • 資格に特化した効率のよい英語学習を研究

英検1級ライティング勉強方法

英検一級の筆記試験時間は100分です。

まず、合格のために時間配分が大切で、各問題にどれくらいの時間で解いていくのか下記にまとめてみました。

  • 単語穴埋め問題(目安25問×30秒)=15分以内
  • リーディング (大問が三つ) =60分以内
  • ライティング             =30分
  • 見直し                                  =5分

一発で合格するために、得点源にしたいのがリーディングとライティングです。

で、どの順番でやるのがいいのかですが、おすすめは下記になります。

  1. ライティング             =30分
  2. 単語穴埋め問題(目安25問×30秒)=15分以内
  3. リーディング (大問が三つ) =60分以内

 

ライティングは問題を先に読んでおくことがポイントです。制限時間に余裕があるときに、見ておくと、理解度がどんどんまします。そこでどのような構想で書くかきめます。

そのままかければok.

どうかこうかどうしてもわからない場合でも、試験問題は(賛成か反対か)をとうものが多いので、どちらで書くかを決めます。

書けない場合は、とりあえず、単語穴埋め問題にすすみます。試験をすすめるにつれて、どんどんアイディアもでてきますし、極論、問題に使われている表現を応用してもいいんです。

 

とくにライティングは満点は難しくても、合格点以上は取っておきたいです。

型にあてはめて、ある程度いいまわしも頭にはいってれば、合格点は狙いやすいです。

 

対策ポイントは、下記の大枠になれることです。

過去問をといてみると、

多くの人は、過去問の回答レベルでかけないとだめだと思いこみをしてしまいます。

実際は、過去問の回答レベルでこたえられる受験はほぼ皆無なので、心配しなくてもokです。

上記のテンプレをもとに、よく使う英語表現をおさえて、試験問題になれるとけっこう簡単に合格点はいきます。

 

英検一級ライティング問題に使えるフレーズ

Introductionでの、スムーズなライティングが時間内で書ききることのできるリズムを作ります。

できる限り、フレーズを覚えてしまい、スピード感を意識して書くことがポイントです。

<Introduction>

Introduction, there are many people who support the idea that~

How ever, I believe that ~. I will give you three reasons to support my opinions.

イントロダクションで直近の話題や羞恥の事柄で読者をひきつけ、次に本論を三つのパラグラフで展開します。

なので、イントロで全体の構成をきめると、「何を書くのか」がはっきりします。

 

<Body>

BODYでは、各パラグラフでは⓵Opinion,②reason , ③detailed supportの順で説明します。

「なぜそれが言えるのか」、「どのようにしたら」、「どのような場合で」など、5W1H で形式でこたると書きやすいです。

 

<Conclusion>

In conclusion, I strongly believe that-, proceeding three reasons. <considering, given, provided that>

上記のテンプレは使いやすいので、覚えておきましょう。

また、もし結論ぶで余裕があれば、解決対策案、今後なにかしらの行動を起こさなかった場合によっておこる課題を示して、自分の説得力をます方法もあります。

 

英検一級ライティング対策におすすめ参考書

ライティングは慣れるのが最も効果的な勉強方法です。

できる限り、たくさん問題をといて、自分がかきやすい型をみつけると、スピード感をもって、本番でもとけます。

一発合格に必要なおすすめ参考書としては下記の二つがよかったです。

勉強方法は、よい英語表現があったらノートに書き写して暗記していました。

<旺文社の英作文対策>

旺文社は、過去問題から、どのように英作文対策をすれば合格点がとれるのか、英語の表現方法などを参考にするとよいです。

<英作文対策予想問題>

ただ、過去問は同じものがでにくいので、同じような形式で別問題で対策しておくと、確実に一発合格する可能性があがります。

まとめ

以上、見てきましたが、正直ライティングになれてしまえば、最も点数がとれるセクションだと思います。

単語穴埋め問題は問題によっても、得点はことなり安定はしませんが、ライティング、リーディングはなれてしまうことで、

安定的に点数はとれるのでここでしっかり対策をすることが何度も試験をうけずに、一発で英検一級取得が可能な対策だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です