TOEIC 初心者が伸びない理由と対策は?【実体験】

タイゾウ
英語勉強しているのに、TOEICとかテストの点数が上がらない。英語力が全然上がらない。という方に実体験をもとにその「理由」をまとめてみました。

そもそも英語習得までに何時間かかるのかですが、結論2000時間程度です。ちなみに、一日1時間英語を学習している場合2000日、つまり6年くらいかかります。

ただ、英語の勉強時間だけが原因ではなく、停滞期があるため、英語が伸びないように感じるためです。

結論、英語はダイエットに近い!継続して、英語ができるようになったイメージなどモチベーションを継続していることがカギです。

では、どのタイミングで停滞期に入り、どのくらいの勉強でブレイクスルー(いきなり英語が伸びる)したのか、具体的な方法に関してみていきます。

英語とTOEICなどが伸びない理由

英語が伸びないのはいかにまとめられます。

  • 圧倒的に勉強時間が足りない
  • 単語力が足りない
  • 英語脳になりきれていない
  • 単に停滞期に入っている

 

英語は文法の規則にしたがって、単語の意味の連続したものです。単体の単語の意味や文法がわからないと英語を見て、聞いても全くわかりません。

停滞期がある理由は、英語の文法、単語の意味、音がうまく繋がっていない、脳が認識していないことだと思っています。

TOEICでは正直テクニックだという方もいますが、基本的な英語力がないとそもそも高得点は取れません。

ここに、多読、音読、リスニングなどを通して、脳に英語の意味や規則を叩き込む期間が必要です。

 

人間には恒常性といって、現状維持機能が働いているので、何か新しいことを覚えたり、変化を加えようとすると元の状態へと戻ろうとする機能があります。

日本語しか触れていない状況から、いきなり英語を脳が受け付けていないような状況。

その点、英語の伸び悩みの停滞期はダイエットに似ています。

ダイエットも、順調に体重が落ちていたのにある日、全然体重が落ちない状態になります。

これも、体が新しい状態になれるまでに時間が必要なためです。

 

英語もそれと同じように、慣れるまでに時間がかかります。

ではどうしたら、英語の伸び悩みを克服できるのしょうか。

 

英語の伸び悩みは好きで克服する!

 

英語が伸びるまでに、勉強を継続しないといけません。

ただ、勉強って辛い部分があります。英単語を覚えるのとか、新しい文法を覚えるとか苦痛ですよね。

 

なので、あれ?

こんなに勉強したのに、英語全然伸びていないじゃんと思ったら、

普段の勉強の量を少し減らして、英語で何か好きなことをするのをおすすめします。

英語に触れる、慣れる時間を脳に与えてあげるためです。

 

例えば、私の場合は海外ドラマ(24とかプリズンブレイク)とかすべてのシリーズ見たりしました。

1本、1時間30分くらいなので相当な時間を英語に使ったことになります。

 

ただ、自分的には勉強というよりは、単にドラマを見ている感覚です。そんなに苦痛でもなかったので、継続しました。

 

もちろん、まじめな勉強も量をすくなくしたといっても、一日30分とか1時間とかはしていましたが、停滞期に入ったらとにかくドラマを見まくったというのが良かったと思います。

もっと言うと、今までは単語帳で英単語を覚えていたけど、なかなか英語も伸び悩んで勉強もつらくなったら、海外ドラマから好きなフレーズを盗んでみると、楽しみながら英語学習ができますね。

 

あとは、洋楽を毎日聞いたり、TEDTALKやNHK海外ラジオを聴いたり、とにかく参考書以外で英語の勉強をしていました。

英語が伸び悩んだ時の効果的な勉強方法

 

私自身もTOEICや英語力自体の伸び悩みに苦しみました。

そんな時最も効果があった勉強方法は多読です。脳の中での英語を読んだ時と意味を理解する時間を短くすることができました。

多読は、英語力を飛躍的にアップさせるきっかけになり、TOEIC640→TOEIC860、英検準一級→英検1級レベルに到達しました。

ダイエットに例えると、3㌔のジョギングを毎日繰り返した感じ。人によるかと思いますが、3キロのゆっくりのジョギングって意外と簡単で、毎日続けても苦痛にそれほどならないですが、しっかり脂肪燃焼してくれます。

英語も比較的簡単な英語をとにかく毎日読む。その量が多ければ多いほど英語脳が身につくスピードが速くなります。

ただ、多読といっても何を読んだらいいかわからないと思います。

英語多読完全ブックガイドという本は、様々な英語のブックガイドをしてくれるので、ここで紹介されている本を楽しみながら毎日読むことが最も効果的でした。

あと、読む、聞くが飽きたら、アウトプットをしてみるのもおススメです。

いまだと、英語アプリが充実しているので、隙間時間に英語のアウトプットをしてみるとか、英会話をするなど効果的に停滞期をぬけだすことができます。

まとめ

  • 英語はダイエットと同じで停滞期がある。
  • 時間をかけて、脳が新しい言語に慣れるまでに間好きなことを英語でする。
  • 一気に、多読で停滞期を抜け出す。
  • 英語アプリなどを活用して、アウトプットをする

英語は時間をしっかりかけて取り組めば、必ずできるようになります。

効率的な勉強とは、語学を読む、聞く、話す、書くに分けて、それぞれ優先順位を立てて、集中して勉強することです。ただ、結果がでなかった時などは、柔軟に好きなことを英語で聞いたり、書いたり、話したりするのがながーく英語を勉強していくために大切だと思います。

英語はしょせん言語です!軽い気持ちで継続していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です