英語初心者の社会人におすすめ勉強方法【実体験】

タイゾウ
「いよいよ会社も海外へ進出…、昇進にはどうも英語が必要らしい…」「しまった…勉強して置ければよかった…」と悩んでいませんか?

安心してください!勉強方法さえ間違わなければ、英語は独学で最速で習得できます。

企業の国際化はどんどん進み、楽天などグローバル企業は英語が共通語だったりと、英語ができないと仕事さえできない時代がもうやってきています。

大企業だけではなく、中小企業などもどんどんビジネスを海外に広げていかないと生き残るのが難しくなっています。

転職エージェントで働いていた際は、英語ができるバイリンガル人材を採用したいという要望を多く頂いてました。人事評価にも「英語ができるのか」という点で影響がでてしまうパターンもあります。

この記事は、以下のような課題を抱えている方に役立つようにまとめてみました。

  • TOEICのスコアが上がらない
  • 勉強しているが仕事で活かせず、活躍の機会が狭まった
  • 勉強しているがTOEICなどが逆に下がってモチベーションも上がらない
  • 時間がない中で効率的に英語を勉強したい。
  • でも高額な英会話スクールには通えない

私自身、約2年間でTOEIC250点~TOEIC900点、実用英語技能検定1級の取得を独学で達成した経験があります。一切、高額な英会話スクールなどにはいっていませんでした。まさにコスパ最高の勉強方法です。

そこで、今回実体験に基づいた効果的な英語の勉強方法をご紹介します!

コスパ最高!英語初心者の社会人におすすめ勉強方法【実体験】

まず、英語のレベルごとに学習計画を立てます。重要なのは、「どのタイミングで」「何を勉強するのか(リーディングなのかリスニングなのか、ライティングやスピーキングなのか)」です。

大切なのは、現状のレベルを知ること。いきなり高いレベルの勉強をすると、十中八九挫折します。

TOEICは客観的な指標としては役立つので、レベル分けを初級TOEIC400~500まで→中級600~700→上級800~で分けてみます。

恐らくこの記事を見ている方は、初級と中級で伸び悩んでいる方が多いと思います。私自身も、勉強したのになかなか伸び悩んだ経験があります。
特にTOEIC600点から800点まで行くのに苦労しました。

英語初級レベルから中級レベルへ伸ばす方法

以下のように分解して、ピンポイントで英語力を伸ばすと効果的です。

初級レベルから中級レベルまでの方は、スピーキングとライティングはノータッチで構いません。正直、初級レベルからライティング、スピーキングまでやってしまうと「できない」ことでやる気が落ちます。

ぶっちゃけ、リーディングの力さえ伸ばすことができれば、初級レベルから簡単に抜け出せます。
リーディング力(文法、精読力、単語)


リスニング力(精読した同じ文章を耳で聞きます)

この順番を繰り返します。重要なポイントは参考書を一つに絞って繰り返し取り組むことです。

ちょっと英語初心者にはちょっと難しく感じる英語の参考書1冊を使って、一気に読み込む、聞き込むのが最も効果的です。1冊の参考書をとにかくやりきる。ホントこれだけで、TOEICが200点以上上がります。

そこで重要なのが、1回目ですべては理解しようとしないことです。

「ほんとこんな勉強方法で大丈夫かな?」と初めのうちは感じます。

ただ、1週目を高速で、2週間とかで読み切り、間髪入れずに2週目、3週目と読む→聞くを繰り返し手見てください。

実体験上、結構最初はキツイですが、6カ月くらいでTOEIC250→TOEIC730点まで伸ばせました。

私の場合、ALLINONEという参考書とDUOを使いました。特にALLINONEだけをやりこみ500点アップ達成できました。

語学はフレーズや文脈など意味記憶の集まりで構成されています。つまり、結局は暗記です。

ただ、覚えるではなくて、覚えてしまうくらい繰り返し聞くことです。

以下で独学でもTOEIC900点、英検1級を取得した参考書も紹介していますので、最初はどれか一つの参考書を徹底的にやることで必ず英語の力がつきます。

重要!英語中級レベルから上級レベルへの効果的な勉強方法

ココが最も英語学習で、山場です。ここを乗り越えれば上級者の仲間入りができます。

初級レベルで無視してきた、ライティングとスピーキングも取り入れた勉強をしていきます。

経験上、ベースとなる勉強方法は精読→リスニング→多読→リスニングの繰り返し。ここにディクテーションという勉強を取り入れます。上級レベルへ駆け上るためには、短期間で大量のインプットをすることです。

ポイント:ディクテーションは中級レベルの英語学者におすすめ。
ディクテーションとは、英語を聞いて、それをもとに文章を書き写すことです。一度、何もみずに音だけでどこまでひろえるかやってみます。

最初は全然ダメでも、何度もやるとできてきます。どうしても聞き取れないところは、スクリプトを読んで確認するという勉強方法です。

高い質のリスニングやディクテーション教材などは無料です。

  • NHK WORLD RADIO JAPAN
  • TED TALK

この辺はアプリのダウンロードもすべて無料なのでぜひ使ってみてください。

などはかなりおすすめ。もう知っている方も多いと思いますが、インターネットを活用していくらでも英語教材は手に入れることができます。

これまでは同じ内容のものを読んで聞いているので、理解できたものが、いきなり読み慣れない難しめの文章、聞きなれ慣れていない英語と立ち向かいます。

それでも、基礎能力がかなりついているので、あとは「単語力」とリスニング力がさらに高まると、言葉のキャッチボールがよりスムーズになります。

ここまでできれば、あとは慣れと自信の部分かなと思います。ここまでしっかり短期間で集中してこなせれば、TOEIC800点以上はいけます。

ただ、TOEIC900とか、英検1級とかになるとさらに高いレベルの英単語と、スピードや英語理解力、アウトプットスキルが必要になります。

英語上級者はネイティブが使う言い回しや語彙力強化しかない

TOEIC900点、英語技能検定1級合格のためには、以下の単語帳をやりこむことが大切です。正直、ここまでくるとインプット系は単語力次第です。

  • 実用英語技能検定1級の単語帳
  • 究極の英単語セレクション 極上の1000語 (究極シリーズ)

そして、英語を使うためのアウトプットスキルです。

アウトプットは基本以下のテンプレで文を構築します。
Q→Aの形、何かの議題や質問に対して、答えを言う→その理由→具体的な事例が最もわかりやすくて英語圏では評価されます。

結論や主張

理由:根拠

例:事例

個人的に、アウトプット、ライティングやスピーキングは完全に慣れです。

ただ、実際に英語を使う機会がなかったリする方が多いと思うので、そういう場合は英語アプリがおすすめです。

リクルートグループが提供している「スタディサプリ」はガチでおすすめです。手軽に英会話の機会を得ることができます。

ガチガチでインプットを独学で行い、最後の詰めの英会話やアウトプットはアプリを使うのが効率的な英語学習方法だと思っています。

私自身も利用していますが、もっと早く使っていれば、昔のように英語を話すことに自信を持てたなぁーと後悔しています。

英語は使ってなんぼの言語なので、せっかく独学で高めた英語を自信をもってアウトプットしていきましょう。

英語独学社会人おすすめ参考書

圧倒的にALLINONEがベスト

ALLINONEがおすすめなのは、英語ができるまでのステップで最も大切な知識の習得がまとまってできるためです。

例えば、例文も短いものではなく、長短それぞれありますし、その文章そのものがネイティブがよく使う表現だったりします。

ちなみに、英語ができるまでのステップは大体以下のような感じです。
単語を覚える


文法を覚える


文法にならって、単語の組み合わせによってできた文章を読み理解する


文章を読むスピードを上げていく


読んで理解できたものを音で意味合わせをする


音で意味が取れたら、音から英文が書き写すことができるか練習する

これまでの学習して蓄積した知識を使ってアウトプットする

青のところまでの知識の習得がまとめて1冊に凝縮されているので、コスパ最高なのと、あれこれ使わずに一冊で英語力が実際に上がりましたので、マジでおすすめです。

ネイティブスピーカーと話す際も、ALLINONEの基礎文章を新しい単語で置き換えて使えたりするので、使い勝手がいいです。

そのほか、DUOやForestなんかは定番のおすすめ参考書です。

どれか比較して自分にあった参考書を購入するのがいいと思いますが、おすすめなのは1冊のみですね。それをまずはやりこんでみる方が効率的だと思います。

【まとめ】時代はグローバル人材を求めている

20年前くらいから、グローバル人材が必要だと叫ばれていますが、転職エージェントで働いているとそれをひしひしと感じます。

実際、日本の企業は英語ができる人材をもとめています。

英語ができる人には、それ相応の給与も用意しているところが多いです。

何が言いたいかというと、文系でここまでコスパよく、年収アップに貢献できるスキルは珍しいです。英語があると仕事の幅も広がり、昇進、昇給にもポジティブに影響します。

だいたい、TOEIC900点でそれなりの5年以上の職歴がある場合、100万円とか転職で年収を上げるチャンスがあります。これまでの経験+英語力があればあなたの市場価値は必ず上がります。

正直、スコアアップや資格取得は上記の方法を継続すれば、必ず実現できるといっても過言ではないです。やった分だけリターンが必ずあるので、やらないとマジでもったいない。

ぜひ、この機会に自分にあった参考書1冊を手に、英語をガチで勉強し、TOEIC900や英語検定1級といった上級英語の世界へしてみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です