DMM マーケティングキャンプの口コミは?【元転職エージェント】

質問者
質問者
このまま、同じ仕事を続けても将来不安…。何か手に職をつけて、年収アップも実現したいな…。

そんな不安を抱えている方は、dmm マーケティングキャンプでWebマーケティングをガッツリ学び、ジョブチェンジをして年収アップを実現するというのはおすすめです。

今回は、DMM マーケティングキャンプの口コミや、元転職エージェントの経験の視点から、DMMマーケティングキャンプでWebマーケを学んで、ジョブチェンジ、年収アップが実現できるのか見ていきます。

<こんな方におすすめ>

  • IT業界・WEB業界に転職を考えている方
  • 未経験からWebマーケティングに挑戦したい方
  • DMM マーケティングキャンプで学んだら未経験でも転職ができるのか知りたい方
  • DMM マーケティングキャンプを受講したら年収が上がるのか知りたい方に文章を入力します。

DMMマーケティングキャンプで何が学べる?

そもそも、Webマーケティングとは、Webサイト、アプリ、SNSなどインターネット上のものをすべて活用し、商品やサービスの購入や利用をうながすことです。

Webマーケティングを担当者は、Webサイト、アプリ、SNSなどインターネット上で得たデータ(滞在時間やユーザー動向、視聴時間)分析と改善をし、マーケティング効果を大きくするのが目的となります。

 

そして、DMMマーケティングキャンプとは、このWebマーケティングスキルを実践レベルまで習得を可能にし、転職までサポートしてくれるサービスのことです。

では、具体的に何が学べるのでしょうか

  • トレンドをWebマーケティングに活用するテクニック
  • 広告運用数値管理、分析スキル、仮説構築、実行までの実践的フローが身に付く
  • 的確なタイミングでの広告出稿量の調整するマネジメントスキル

などです。DMMマーケティングキャンプのコンセプトしては、「クライアントの事業戦略を理解して施策の立案ができる人材を養成」ですので、ざっくりいうと、クライアントベースの広告プランニングスキルが学べる内容です

それでは、もっと具体的にカリキュラムについてみていきましょう。

DMMマーケティングキャンプのカリキュラム

DMMマーケティングキャンプは、3か月間で即戦力レベルをめざす短期集中講座です。

最初の2か月は広告運用の基礎と広告のプランニング手法を学び、基礎と応用力を身に着けることを目指します。

カリキュラム特徴は、クライアントによりそった、課題抽出型で提案要素強い特徴があります。

そもそも、広告運用は売上最大化をめざすためにおこなわれるものなので、結果をだすためにはWebマーケティングの肝となるアカウント設定スキルが必須です。

クライアントの経営理念、経営戦略から、現在の状況を分析し、広告戦略を立案していくことが実務レベルでは求められます。

SNSやサイトの数値分析で対策はこうしましょうと簡単に提案するものではなく、あくまでのクライアントの実現したいヴィジョンまで織り込んで、具体的な施策ができるかが求められてくると思います。

なので、DMMマーケティングキャンプは、Webマーケターとして結果を出すために必要なスキルを、学習項目として落とし込んだという特徴があります。

 

DMMマーケティングキャンプのタイムスケジュール

タイムスケジュールは、やっぱり3か月しかないので、ちょっとキツイと考えるくらいが丁度いいですね。

働きながらのスケジュールで、毎日2時間以上のオンライン学習と、土日のオンラインによるグループワークでのアウトプットが習得へのカギといえます。

おすすめなのは3か月で実践力をつけ、転職も成功させるために、平日平均4時間程度時間を使うことです。そこは、人生を変えるためですから、手に職を一気につける努力が転職成功へのカギです。

<3か月で760時間を確保して、実践知を得て、転職を成功させる>

  • 平日:4時間×62日=248時間
  • 土曜日:グループワーク前に復習を9時~12時までの3時間すると、合計8時間になる。
  • 日曜日:8時間の学習時間を確保。※土日合わせて:16時間×32日=512時間

DMM マーケティングキャンプ(Webマーケティング講座)の口コミと評判

多くの口コミや評判をみると、下記のようなメリット、デメリットにまとめられました。

DMMマーケティングキャンプを総合的にみると、アカウント設定から広告運用と実践知よりなので、まずはWeBマーケティングとGoogleアナリティクスの全体像を学習してくと、より効果的な学習ができるという感想です。

ちなみに、私は下記のサイトで無料でとりあえずWebマーケティングとGoogleアナリティクス分析について学習しています。

これをみてWebマーケティング面白そう!こういう仕事だったら、頑張れそうと感じるなら、一念発起して

DMMマーケティングキャンプでがっつり学ぶのはありだと思います。

メリット

  • 毎週アウトプットする機会があるため、継続するフックになり挫折を防ぐ
  • 実践的で結果をだすプロセスを業務レベルで身に着け即戦力として働けるスキルがつく

 

デメリット

  • 学習時間がタイトかつ、テストが難しく勉強時間確保が大変
  • 値段が高い

DMMマーケティングキャンプとWebマーケティングスクールとの比較

スクール名コース名料金授業形式受講期間転職支援
デジバリon LineWeb担当者養成コース20.35万円(税込み)動画授業:約60時間約6ヵ月(26週間)なし
DMMマーケティングキャンプDMM Marketing Camp49.8万円 (税別)動画3か月あり
Tech AcademyWebマーケティングコース(12週間プラン)29.4万円 (税別)動画4か月あり
Internet Academy
Web担当者コース55.06万円 (税別)ライブ授業,
マンツーマン授,
オンデマンド授業※好きなタイプを選べる
4~6ヶ月あり
デジプロデジプロ 290,000円(税抜)動画と教室2か月なし

上記の比較表をみても、DMMマーケティングキャンプは高価格帯のスクールなのがわかります。

他のスクールと明らかに異なる部分といえば、単なる和気あいあいした座学ではなく、転職後にしっかり成果を出すWebマーケティング担当者となるためのスキルセットが身に付く点です。

客観的には、転職サービスもあるライザップ顔負けのメンター制度で挫折をトコトコ減らすのに強味があるTech Academyの講座がコスパよさげに見えます。

が、最終的にはクライアントに広告プラン提案をし、成果を上げていく点が転職後には求められてきますので、その点DMMマーケティングキャンプはよりそこに力を入れ、転職後の成果に本気な方向けです。

あとは、現在はコロナでグループワークはオンライン開催ですが、六本木ヒルズで開催されるグループワーク自体なかなか経験することが貴重なものなので、モチベーション維持にも役に立ちます。

DMMマーケティングキャンプでの未経験転職の実現可能性とキャリアパスとは?

ここからは、元転職エージェントの経験から、DMMマーケティングキャンプで未経験転職、キャリアパスについて転職市場観点からみていきます。

未経験でも転職可能なワケとは?

未経験でも転職がしやすいのは下記の理由が大きいです。

  • インターネット広告市場の急速な拡大
  • マーケティング戦略に基づいた広告施策の実行、管理ができる人が足りない現状
  • DMMマーケティングキャンプだと未経験でも転職後しっかり即戦力になれるスキルが身に付く
  • DMMマーケティングキャンプのマンツーマン転職サポートと実績

インターネット広告市場は拡大フェーズにあり、国内市場規模は2023年度には約2.8兆円まで拡大すると予測されています。

今後もソーシャルメディア広告動画広告などの運用型広告の更なる拡大に加え、アプリ広告や屋外デジタル広告などが拡大するとみられることから、インターネット広告国内市場は拡大基調になる予想です。

出典:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2228

こうした市場の拡大が進む中で、消費者のタッチポイントが多様化(特に若者の中で)がすすみ、Webマーケティングのプランニングがどんどん難しくなっています。

しかし、いざ転職市場をみると、企業の経営戦略からマーケティング戦略をプランし、施策を実行、管理をしっかりできる、情報入手方法が多様化した消費者視点をあわせもつ人材が足りない現状。

いいかえると、自分がターゲットにもなりえるため、効果的なマーケティング戦略をしっかりプランできる人材がいないという状況なんです。

 

いまのインターネット広告市場で必要とされている人材になれることができれば、需要があるわけですので、未経験でも転職が可能というわけです。

そして、業務でいかせる実践知を身に着けられるのがDMMマーケティングキャンプのポジションです。

 

また、DMM WEBCAMPというプログラミングスクールで既にで多数の転職決定実績があり、98%の転職成功率という結果を出しています。

DMMグループとして、しっかりマンツーマンの転職支援(面接や模擬面接)をしてくれるのは心強いでしょう。

 

年収アップが期待できるってホントなのか?

DMMマーケティングキャンプで受講することで、得られる変化として大きいのが年収アップがあります。

dodaの年収ランキングによると、マーケティング職の平均年収は40歳で674万円と高い水準なんです。

インターネット広告市場そのものは伸びているので、ますますマーケティング職の専門性や必要性が増してくるのと同時に、平均年収も上昇することが予想されます。

経済原理によって、転職市場で需要がある人材の年収は上がる傾向があるためです。

今後、AIのビジネス利用が進む中で、正解がない多角的な視点と柔軟思考が必要とされるマーケティング職は、転職エージェント視点からも将来性があるといえます。

 

さらに、マーケティング職のキャリアプランとしては、経営企画や事業企画にキャリアップしていく人が多い傾向です。

経営企画・事業企画の40代の平均年収754万円と高く、キャリアプラン的には20代でWebマーケティング担当、30代後半で経営企画か事業企画へキャリアアップをすることで大きく年収も上がるのでおすすめです。

DMM マーケティングキャンプの無料カウンセリング申し込み方法

Webマーケティングへジョブチェンジをして、手に職をつけハイキャリアを目指したい方はぜひ、

DMMマーケティングキャンプの無料相談をためすのをおすすめします。

<申し込み方法>

DMMマーケティングキャンプのサイトへいく。

受付中の日付をクリックする。

次に名前など入力項目を入力する。

聞きたいことなどが事前にあったら、メッセージをしてみることをお勧めします。

あとは、完了ボタンをおすだけです。

よくあるご質問

分割払いは可能なの?
最大24回の分割が可能
オンラインのみの受講は可能ですか。
週1回六本木のスクール教室にてオフライン講座があります。
※ただ2020年7月現在はコロナの影響で完全オンライン
途中で受講をやめる場合は全額返金されますか?
契約開始してから20日間が全額返金の対象となり、20日以降経過後、受講期間に応じて返金していただけます
全くの初心者ですが問題ありませんか?
未経験者でも転職ができるコンセプトなので、じっくり取り組めば問題ありません。
参加に迷っているのですが…
DMMマーケティングキャンプの無料カウンセリングで相談できます。

まとめ

以上、見てきたように、本気でジョブチェンジをしたい!、人生変えたい!という人はDMMマーケティングキャンプでWebマーケティングに挑戦するのはおすすめです。

20代、30代であれば、ジョブチェンジも可能なので、迷ったら一度相談をしてみるのをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です